masaの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 崖の上のポニョ(ネタバレも少し)

<<   作成日時 : 2008/09/20 23:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

上映期間も残り少ない「崖の上のポニョ」を長男と二人で観てきた。
観客も少なく、ゆったり観賞。


それで、感想としては、
海の中の泳ぐ様子も自由で気持ちいい映像…。
子供らしい会話や行動もとてもかわいい。
作られた経緯は詳しくは分からないけれど、
深く突っ込まないストーリーも、なんでもありの世界感も分かるのだけど…。



自分としてはちょっと期待はずれな感じだったかなぁ。。
うーん、、すばらしい映画だとは思うのだけど。
長男も、「まだ〜?まだ終わらないの?もう疲れた〜」と言いだす。

この間「ドラえもん・緑の巨人伝」も、長男と二人で観たけれど、今回と同じだった。
息子は「もう帰りたい。まだ終わらないの〜??」と言うし。

この、”ほのぼの〜”とした雰囲気が、テンポが変わることなく延々流れていくのが
私にはどうしても退屈で。

おしりが痛くなりながら、長い序盤だな〜と思っていたら、
もうこれはクライマックスだったの?という感じ。


ダメだ…私がひねくれすぎてるのかも!

…長男も?

せっかく2度も長男と観に行ったのに、2度ともぱっとしなくて、
がっかり(私だけかも)。

宮崎駿監督のテレビや映画は前から好きだけど、実は「もののけ姫」までしか観ていなくて、
「千と千尋の神隠し」も、そのうちと思いつつ、まだ…。
だから、起承転結がはっきりしていたり、いろいろ考えさせられるものを期待していたのかしら。


子供が生まれてからは映画にそれほど熱を感じなくなっていた。
それでも、「天空の城ラピュタ」とかは、何回か見ても毎回親子で
感動するんだけどな〜…。

帰宅してから、ぽつぽつと感想を聞いてみると、

「ポニョが海に飲み込まれていったのが可哀想だった」
「海に目が付いたものが追いかけてきたとき、小さい魚(ポニョの妹たち)が
みんなでくすぐって海が笑ったのが面白かった」

と部分的な感想。
今回ははっきり言えただけいいか…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
崖の上のポニョ(ネタバレも少し) masaの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる